読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰がためにホイッスルは鳴る

欧州サッカー(特にセリエA、ブンデスリーガ)を中心に、ややマニアックな情報をお伝えしていきます。マニアックなあなたにお薦めのブログですよ!

UEFAヨーロッパリーグも開幕!予選はプレーオフへ

セビージャの3連覇で幕を閉じたUEFAヨーロッパリー決勝から約1ヵ月。チャンピオンズリーグと同様に、たった1枠のCL出場枠を賭けた戦いが始まりました。

f:id:pippoinzaghi:20160728091116j:plain

今季EL決勝の会場となる、フレンズ・アレーナ(ソルナ/スウェーデン

 


【既にグループステージ進出が決まっているチームは?】
昨季の各国カップ戦やリーグ戦の結果に基づき、以下クラブは既にELグループステージの進出が決まっています。

 

《スペイン》2クラブ

アスレティック・ビルバオリーガ・エスパニョーラ5位)

セルタ(リーガ・エスパニョーラ6位)

 

イングランド》2クラブ

マンチェスター・ユナイテッドFAカップ優勝)

サウサンプトンプレミアリーグ6位)

 

《ドイツ》2クラブ

シャルケブンデスリーガ5位)

マインツブンデスリーガ6位)

 

《イタリア》2クラブ

インテル(セリエA4位)

フィオレンティーナ(セリエA5位)

 

《フランス》1クラブ

ニース(リーグ・アン4位)

 

ポルトガル》1クラブ

ブラガ(タッサ・デ・ポルトガル優勝)

 

《オランダ》1クラブ

フェイエノールト(KNVBベーカー優勝)

 

《ロシア》1クラブ

ゼニト(ロシアカップ優勝)

 

ウクライナ》1クラブ

ゾリャ・ルハーンシク(ウクライナプレミアリーグ4位)

 ※3位のドニプロがFinancial FairPlay違反により、繰り上げ出場

 

《ベルギー》1クラブ

スタンダール・リエージュ(ベルギーカップ優勝)

 

《トルコ》1クラブ
イスタンブール・バシャクシェヒル(シュペル・リグ3位)

 ※テュルキエ・クパス優勝のガラタサライがFinancial FairPlay違反により、繰り上げ出場

 

《スイス》1クラブ

チューリッヒ(スイスカップ優勝)

 


【予選1回戦】
2016年6月28日に開幕し、同日および6月30日に第1戦、2016年7月5・6・7日に第2戦が行われました。96クラブが対戦し、48クラブが2回戦へと進みました。因みに田中亜土夢選手が所属するHJKヘルシンキフィンランド)はアトランタス(リトアニア)相手に2試合合計3-1として、2回戦に進んでいます。

 

f:id:pippoinzaghi:20160803094741j:plain

今季もチームの主軸として大活躍、田中亜土夢HJKヘルシンキフィンランド


【予選2回戦】

第1戦が2016年7月14日に、第2戦が2016年7月20・21日に行われました。予選1回戦を勝ち上がった48クラブに、予選2回戦から出場する18クラブを合わせた66クラブで争われ、33クラブが予選3回戦へと進みました。田中亜土夢が所属するHJKヘルシンキフィンランド)は、第2戦に本人によるゴールが決勝点となり、ベロエ・スタラ・ザゴラ(ブルガリア)相手に2試合合計2-1として、3回戦に進んでいます。

昨季のEL予選でドルトムント(ドイツ)を苦しめたオッド(ノルウェー)については、延長戦の末、2試合合計4-3でPASヤニナ(ギリシャ)に敗れ、姿を消しています。注目の若手FWラフィク・ゼフニニは無得点に終わりました。

 

【予選3回戦】

f:id:pippoinzaghi:20160808091620j:plain

FWドメニコ・ベラルディを中心に、サッスオーロ(イタリア)はELで旋風を巻き起こせるか?

 

第1戦が2016年7月28日に、第2戦が2016年8月3・4日に行われました。予選2回戦を勝ち上がった33クラブに、予選2回戦から出場する25クラブを合わせた58クラブで争われ、29クラブが予選プレーオフへと進みました。

 

田中亜土夢が所属するHJKヘルシンキフィンランド)はイエテボリスウェーデン)に2試合合計2-3で敗れ、姿を消してしまいました。また和久井秀俊が所属すJKノーメ・カリュ(エストニア)はオスマンルスポル(トルコ)に2試合合計0-3で敗れ、CL3回戦からELプレーオフに回った瀬戸貴幸所属のアストラ(ルーマニア)が、唯一日本人選手が所属するクラブとして残っています。そのアストラですが、プレーオフではウエストハムイングランド)という、非常に厳しい相手との対戦となってしまいました。

 

その他注目カードとしては、昨季CLで初の勝ち点を挙げたアスタナ(カザフスタン)がBATEボリゾフ(ベラルーシ)と対戦、CL出場を絶たれたシャフタール・ドネツクウクライナ)はイスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)と対戦します。

 

初のELの舞台となったサッスオーロ(イタリア)ですが、昨季の主力がほぼそのまま残り、予選3回戦をルツェルン(スイス)相手に2試合合計4-1で危なげなく勝利。プレーオフではクロアチアの古豪レッドスター・ベオグラードとの対戦となりました。

 

プレーオフは予選を勝ち上がった29クラブとCL予選3回戦敗退の15クラブ、合計44クラブでの対戦となり、22クラブがグループステージへと進みます。注目のプレーオフは、第1戦が2016年8月18日に、第2戦が2016年8月25日に行われる予定です。